タラバガニ

タラバガニのアレルギーに注意

カニのアレルギーと聞いて「甲殻類アレルギー」を思い浮かべる人は多いと思います。しかし、カニと言ってもタラバガニはヤドカリの仲間なので、カニアレルギーなんてなるのでしょうか。カニアレルギーとは正確に言えないかもしれませんが、タラバガニもカニと同じ甲殻類の仲間なので、甲殻類アレルギーになる可能性はあるのです。

そもそも甲殻アレルギーとはどんなものなのでしょうか。甲殻類アレルギーとはエビやカニなどの甲殻類を摂食することでアナフィラキシーショックなどの症状を引き起こしてしまうことです。他の魚介類に比べて甲殻類はアレルギーの反応が強く出やすいと言われています。また食物アレルギーの中で、日本人の成人に発症している割合が最も高く、60~70人に1人の割合で甲殻類アレルギーをもっている人がいるそうです。知り合いに1人くらいは甲殻類アレルギーをもった人がいるのではないでしょうか。

では甲殻類アレルギーの症状はどんなものなのでしょう。他の食物アレルギーに比べて症状が強く出るといましたが具体的に言うと、ほとんどが摂取後1時間以内にじんましんなどを引き起こすことが多く、皮膚だけでなく唇やのど、目や耳なども腫れてしまうこともあるそうです。発症した人の半数以上が口腔内に症状が出ると言われ、呼吸器症状も含んだアナフィラキシーショックを起こす場合もあるとされています。特に血圧が低下してショック状態を起こすことを言うので、意識が朦朧とすることも多いので早急に適切な処置をする必要があります。

甲殻類アレルギーの原因はトロポミオシンという成分で、筋肉の繊維にあるたんぱく質です。この成分は甲殻類だけでなく、ゴキブリやバッタなどの昆虫やダニ、タコなどの軟体動物にも含まれています。軟体動物アレルギーやダニアレルギーの人は、甲殻類に対してもアレルギー症状が出る可能性があると言われているので注意が必要です。


ケタ違いに美味しいタラバガニ!!

タラバガニ 【タラバガニの通販ならココ!】

日本の通販の中で一番安いタラバガニがここでは買える!訳あり蟹もあって2キロでなんと1万円を切ってるこの価格にはびっくり!最近テレビでもやっていたので売り切れ続出中!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ