タラバガニ

タラバガニの保存方法

カニの保存方法で重要なことは水分を蒸発させないことです。

まずは生のタラバガニの保存方法ですが、生のタラバガニはそのままでは保存がききませんので、冷凍保存が必要となります。カニの姿そのままだと大きすぎるので、まずは脚の部分と胴体とを分けて、それぞれを新聞紙、またはラップなどで包み、袋に入れて冷凍庫で保存するとよいでしょう。

新聞紙等でカニを包むことは、カニの水分が蒸発することを防ぎます。水分が蒸発すると身がパサパサになり、味が落ちてしまいます。

次にボイルした状態のカニです。この場合、そのままだと冷蔵庫で1~2日で食べきらなくてはなりません。これを冷凍保存するには、生のタラバガニ同様、新聞紙やラップなどで包んでから袋に入れて冷凍庫で保存するのがよいでしょう。

冷凍された状態のカニを購入した場合は、すぐに食べないのであれば早急に冷凍庫に入れることをお勧めします。少しでも解凍されると味が落ちる原因となってしまうので気を付けてください。また、冷凍されたものを一度解凍して、その後また冷凍保存するのは避けましょう。これも味が落ちてしまう原因となります。一度に食べきれない場合は袋に小分けして、食べるだけ解凍しましょう。


ケタ違いに美味しいタラバガニ!!

タラバガニ 【タラバガニの通販ならココ!】

日本の通販の中で一番安いタラバガニがここでは買える!訳あり蟹もあって2キロでなんと1万円を切ってるこの価格にはびっくり!最近テレビでもやっていたので売り切れ続出中!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ