タラバガニ

タラバガニの天敵

硬い甲羅を持ち、大きな体のタラバガニに天敵なんていないように思いますが、実はオオカミウオと呼ばれる魚とミズダコなどが天敵と言われています。

オオカミウオはスズキの仲間で体長1mほどあり、口には大きな歯が並んでおり見た目からして強そうな顔をしています。タラバガニと同じオホーツク海などに分布していて、見た目通り性格も荒く、その大きな歯で甲羅を噛み砕いてバリバリ食べてしまうそうです。

ミズダコは知っている方も多いと思いますが、東北以北の海に住んでいて、タコの仲間の中では最大と言われており、その大きさは3~5mもあるそうです。口の大きさは握りこぶしほどもあり、タラバガニなどの大きな獲物も食べてしまうそうです。マダコの流通のほとんどない東北・北海道では、マダコの代わりにほとんどのタコ料理にこのミズダコを使っているという話もあります。

また、タラバガニは1年に1回脱皮をしますが、脱皮をした直後の甲羅は柔らかく、この時に一番外敵に狙われやすいのです。とは言っても海の中の生態系での天敵よりも、一番の天敵は人間と言って間違いないでしょう。


ケタ違いに美味しいタラバガニ!!

タラバガニ 【タラバガニの通販ならココ!】

日本の通販の中で一番安いタラバガニがここでは買える!訳あり蟹もあって2キロでなんと1万円を切ってるこの価格にはびっくり!最近テレビでもやっていたので売り切れ続出中!

⇒詳細はコチラから

このページの先頭へ